子供が毎日元気でいるために気を使っていることは?

食事と排便回数を気にしています

子供の健康の状態を知るには、常に子供に注意を払うということも大切ですが、3歳の子供がいる私は便の回数、それから便もチェックしています。
大体、体調が悪くない時は一日一度が普通ですが、調子が悪いと出ないこともあり、下痢をしたりすることもあります。

風邪などで病院に行っても、お医者さんに伝えるのに役に立ちます。子供が自分でお尻を拭けるようになると、あまり気にならなくなるのかもしれませんが、まだ子供は自分でお尻が拭けないため、自然にチェックするというくせもついています。

そしてもう一つ気を付けていることは、子どもの食事です。栄養のバランスがとれた手作りのものを食べさせるようにしていて、お菓子や加工品などは控えめにしています。食事には必ず野菜か肉または魚を入れるようにして、デザートはヨーグルトとフルーツにしています。そして外食は週に多くて2回です。

素材の味を生かす工夫

加工品や外食はどうしても塩分が高く、大人でもだんだんとクセになってきてしまいます。そのうち家での食事が物足りなくなり、味が薄いと思うようになってしまいます。子供は大人のように塩分をとる必要もなく、味覚も違うので、なるべく素材の味を活かした料理をするようにしています。

夏になると、アイスを食べたり、喉が渇いたからと言ってジュースを飲む機会が多くなるのですが、これも気を付けています。

糖分の取り過ぎにならないよう、アイスやジュースは一日一回、喉が乾いたら基本的にはお茶にしています。お茶もカフェインの入っていないコーン茶や黒豆茶などです。香ばしい香りが本人も気に入っているようでごくごく飲んでいますが、ジュースの味に慣れてしまうと、ジュースやアイスをきりなく欲しがります。

栄養のバランスがとれて素材の味を活かしたもの、これをいつも子供には食べて欲しい、そしておいしいと思ってもらえるようにしたいと気を付けて食事を作っています。

子供の食事

Posted in 食生活

Comments are currently closed.